ご存じですか?「アマゾン1円詐欺」


 「アマゾン1円詐欺」という言葉は、耳にしたことがあるかもしれません。これは、電子商取引サイトの仕組みを利用した新手の詐欺の一つです。

アマゾンの仕組みをおさらい

 アマゾンを利用しているならご存知だと思いますが、アマゾンから購入する物品の流通には、大きく2つにわけられています。

 一つは、アマゾン自身が販売している商品です。「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します」と書かれている商品が該当します。

 もう一つは、アマゾンに販売業として登録して、そこの決済システムを利用して商品を販売する「アマゾンマーケットプレイス」が取り扱う商品となります。

「アマゾン1円詐欺」とは?

 アマゾン1円詐欺のキーとなるのは、「個人情報」となります。売買契約が成立した相手はどの商品を購入したかも知っており、「どのような商品をほしがっている人物か」といった嗜好属性と個人情報のセットを入手できると言われています。

 「アマゾン1円詐欺」としていますが、実際に1円で出品されている商品すべてが対象になるわけでありませんし、1円じゃないからと言って、安心できるわけでもありません。圧倒的な低価格で売られている商品が、この手の詐欺に当たる可能性があるわけです。

手口

 この詐欺は、購入者から支払われた金額を搾取するだけでなく、先程述べたように、個人情報を収集されてしまいます。幸い?購入者にとっては、アマゾンから返金を保証されているため、金銭的な被害はないといえますが、個人情報はどうにもなりません。

どうしたら、防ぐか?

 お金は返ってきますが、個人情報は、一度流れたら取り返しようがありません。

 どうしたら良いでしょうか?

 被害に合わないためには、極端に低価格な商品に対しては「ありえない価格だからおかしい」と警戒するしかありません。安価な商品には理由があります。その理由が明らかにされていない場合、もしくは納得できない場合には購入を控えましょう。