これからの時代、英語は、ネイティブとの会話ももちろん、ノンネイティブ同士での会話も増えていきます。その際、「通じる英語」の基準はどこになるのか、、、それについて考えたいと思います。
 
 
 

かんたんな文法&単語、ジェスチャーで十分?

 かんたんな文法と単語、それにジェスチャーで間に合うこともあります。すると、「発音なんてどうにでもなるんじゃないか?」という考えになるかと思いますが、早稲田大学の松坂先生は、以下のように述べてます。

松坂ヒロシ・早稲田大学教授

 例えば、IT業界のビジネスマンが「自分は仕事柄、インドの人とコミュニケーションするから、インド的な発音をするんだ」と言ったとします。私は、それはそれでいいことだと思います。
 
 けれども、学習者が中・高・大学で英語を学んでいる段階では、一応、標準的な発音を教えるのが、われわれ教師の役目であると考えています。

英語のネイティブスピーカーの理解力は非常に高い

 通じる英語にただひとつの特定のパターンがあるわけではありません。通じるかどうかは相手によります。英語のネイティブスピーカーの理解力は非常に高く、こちらの英語が不完全でも相当理解してくれます。

ノンネイティブスピーカーでは、そこまで期待できない

 相手がネイティブでないと、そこまでは期待できません。そこで私たちは、通じにくい状況で、なるべく通じるようにということを心がける必要があります。では、それはどんな場合かというと、私の考えでは、話し手の柔軟性がカギになると思います。

 相手が理解していないと感じたら、発音をより明確にするとか、やさしい文法に変える、短いセンテンスにしてみるといった柔軟な対応が、通じる英語の眼目でしょう。

柔軟な対応を発揮するには、、、

 そういう柔軟性を発揮するためには、かなりの英語の底力がなくてはなりません。その力には英語そのものを知っていること、つまり、単語や文法や発音の知識があることがあり、また、それをどんな場面で使うかという判断力も同時に求められます。

まとめ

ネイティブスピーカーとの英会話の場合、こちらの英語が不完全でも相当理解してくれる
→ かんたんな文法&単語、ジェスチャーで十分

 

ノンネイティブスピーカー同士の英会話の場合、その人に合わせた発音が有効

こちらの英語力が相当必要

こちらの英語が不完全だと、理解してくれない可能性大
→相手が理解していないと感じたら、、、

  • 発音をより明確にする
  • 優しい文法にする
  • 短いセンテンスにする

 
 結局のところ、ノンネイティブスピーカー同士の英会話には、相当な英語力が必要です。